読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり世代の生存戦略

3年働いた会社を辞めて、自分で事業とか始めてしまったゆとり世代の生存戦略ブログです。

完璧主義を捨ててみる

こんにちは、マシューです。

 

僕は昔からけっこう真面目な性格だったので、

そのせいもあってかちょっと完璧主義な気質がありました。

 

たとえば、大学の受験勉強しているときも、

参考書を最初のページから順々にやっていって、

その勉強したページを完璧にしないと先に進まない、

あるいは先に進んでもすぐに前のページに戻って復習する、

復習して完璧にしないと落ち着かないし、自分を許せない

そんなスタンスで勉強していました。

 

完璧主義というかもう単に要領が悪かったと言えますね。笑

 

まあとにかく自分で自分を苦しくするような勉強法をとっていました。

 

でも、受験勉強の期間は限られていますし、

複数の科目を勉強しないといけないわけですから、

当然そんなやり方で勉強していても

思うように成績は上がらないわけですよ。

 

言うなれば、完璧を目指すほどに完璧から遠のいている感じでした。

 

 

それで月日は流れまして、

僕はある衝撃的な理論に出会います。

 

それは僕の偏屈な完璧主義が

どれほど愚かであったかを痛感するとともに、

同時に、この理論をしっていたらどれだけ受験が楽だっったろうか、

と目からウロコの話でした。

 

その理論というのは脳科学的な視点に基づいて

どう勉強したら脳にとって効率がいいか

ということを教えてくれたのです。

 

それが「ゲシュタルトの穴」理論です。

 

いや、せれが正式な名称というわけじゃないそうなんですが、

僕にこれを教えてくれたある起業家の方がそう呼んでいたので、

僕もそれをまねして呼んでます。笑

 

ゲシュタルトの穴というのが

一体どんなものなのかというと、それは、

人間の脳は情報に穴があった方が記憶しやすく、

また同時その情報の穴を埋めたくなる

というものなんですね。

 

いやなんのこっちゃって話ですよね。笑

 

これを語るのにいい例があります。

 

それは万里の長城です。

 

その昔、万里の長城を人の手で作ろうとした際に、

ある工夫がなされました。

 

その工夫というのは、

万里の長城を作る人間のモチベーションを上手に高めて、

効率よく万里の長城を建築していくためになされたものでした。

 

で、その工夫というのが、

万里の長城を端から順々に作るのでなく、

飛び飛びで作って、早い段階で全体像が見えるようにする

というものだったのです。

 

一つの城のかたまりの少し離れたところに別のかたまりを作る。

 

そうすると間は穴だらけだけれども、

ぼんやりと全体像は出来上がります。

 

そうすると不思議なことに、

人はその穴を埋めたくなるのです。

 

なのであれだけ巨大な建築物でも、

人々の心が折れることなく、

効率的につくることができたそうです。

 

これがゲシュタルトの穴理論を活用した実例です。

 

そして先に出した受験の話にこれを応用すると、

たとえばある参考書を勉強するときも、

目次とか読んでとりあえず興味ある単元から勉強してしまうんです。

 

順番に最初からやるんじゃなくて、

それこそ飛び飛びでいいから。

 

そうやるうちになんとなく

その参考書の全体像を把握してきます。

 

するとそれまで飛ばしてきたページもちゃんと勉強したくなるんですね。

 

なぜなら人の脳は全体像が出来上がっているときに、

そこに穴があると埋めたくて仕方がなくなるからです。

 

もう1つ、たとえば英単語なんかも、

「philosophy」と書いてあるものより、

「phil----phy」と書いてある方がより記憶しやすいです。

 

情報の濃淡をつける、と言いますが、

自分で単語カードなんかつくるときに、

こうやってわざと情報に穴を開けておくと、

効率的に記憶していくことができます。

 

 

もちろんこれは受験勉強だけでなく、

その他多くのことに応用できるものですよ。

 

なんせ人間の脳の仕組みを利用したものですからね。

 

というわけで今日は時間なのでここまで!

 

ありがとうございました!!

業界で一人勝ちする方法

こんにちは、マシューです。

 

僕はずっとひどい思い違いをしていたことがあって、

同じことを仕事にする人が増えたら、

その市場は飽和しちゃうんじゃないかって思ってたんですよ。

 

でも、これって僕の無知からくる勘違いで、

実はそんなことはないってことをつい先日知りました。

 

ずっとビジネスとかの勉強してきたつもりだったし、

これから今やってる事業の他にも、

いろんなビジネスにチャレンジしようと思ってたくせに、

ほんとお恥ずかしい話なんですけどね。笑

 

でも、競争相手や参入者が多い市場でも

ちゃんと勝負していけるんだということを学んだので、

今日は自分への戒めや復習をかねて、その共有です!

 

 

まず結論から言うと、

一見飽和してそうな競争が激しい市場で

「競争せずに」勝つ方法があります。

 

それが「付加価値」で勝負するということです。

 

たとえば、予備校の講師って競争が激しいと思うのですが、

付加価値を提供することで、

一人勝ちするようなことも可能です。

 

普通に勝負したら、

授業がわかりやすいのかとか、

講師のキャラが面白いのかとか、

が競争のポイントになってしまいます。

 

そこに付加価値を提供するとこんな感じです。

 

「数学を教えながら受験に必要なメンタルを作るためのコーチングをします!」

 

「勉強に最適な環境のつくり方とは!?

場のエネルギーを高めて受験に集中するために最適な勉強部屋を

どうやったらメイキングできるのか、その方法をお教えします!」

 

「受験生の最大の敵は親!?

毎年ほぼ100%の受験生がぶつかる親との関係性について

過去2万人の受験生の相談に乗ってきた経験から最適なアドバイスを提供します!」

 

これらは今僕が即興で考えただけなので、

あくまでイメージなんですが、

こうやって他の講師が持っていない価値を提供することで、

その講師の価値はぐんと上がるはずです。

 

価値が上がるということは、

価格競争に巻き込まれないということです。

 

ほんとうにただ人と同じことをするだけ、

同じ価値を提供するだけだと、

とにかく他より価格を下げるしかありませんし、

それはジリ貧の道ですからね。

 

 

ぜひぜひ付加価値という視点を取り入れてみてください。

 

いや、おまえがなって話ですよね。笑

 

僕もしっかり付加価値について理解していきます!!

 

 

では今日もありがとうございました!

 

 

 

ラーメンズから学ぶ本当の自由

こんにちは、マシューです。

 

最近ラーメンズのコントを見るのにハマってます。

 

ラーメンズ知ってますか?

コント見たことあります??

 

あれは一度見てみてください。

 

お笑いというジャンルではあるんでしょうが、

もはやそのカテゴリーを飛び超えて

一種の芸術なんじゃないかとさえ思います。

 

テレビ番組に求められるような、

爆笑とか勢いとか華やかさって感じのネタじゃないんですが、

独特の世界観でつくられてるコントは、

笑い以上の刺激をくれますよ。

 

いや、笑い以上の刺激っていきなり言われても、

お前なんだよって話ですけど笑w

 

ただね、ネタを見ていて思うのが、

頭いいなって思うんですよね。

 

コントの中で同音異義語をふんだんに使ってるものがあって、

それをラーメンズの2人がそれぞれ違うストーリーを進めながら

そのストーリーの端々で同音異義語が出てくるネタなんですけど、

こんなネタどうやって考えたんだろうって感心しちゃうんですよ。

 

面白いからもちろん笑うんですが、

笑うのと同時に感心しちゃう。

 

よくそんなこと思いついたなって。

 

どんな視点で生きてたらそんな切り口でコント作れんのかなと。

 

そういうことばかり考えちゃいます。

 

でね、ラーメンズに限った話じゃないんですが、

芸人さんたちの物事への視点とかアイディアの発想って、

学ぶべきことが沢山あると思うんですよ。

 

だって、芸人さんって別に特別な生き方をしているわけじゃないですよね。

 

もちろんダウンタウンとか、さんまさんとか、たけしさんとか、

芸能界で成功している人は、

ちょっと一般人とは違う世界で生きてるのかもしれませんが、

下積みを何年も続けてようやくブレイクした芸人さんとかって、

僕たちと同じような生活をしてきたわけです。

 

その、言ってしまえばありふれた日常の中で、

人が思いつかないような面白いネタを考えて、

舞台やテレビで披露することで売れていくわけです。

 

普通の人と同じものを見てるのに、

そこから得る情報や発想するアイディアが違う。

 

この頭の使い方って僕たちも見習うべきですし、

それって訓練次第でいくらでも伸ばせる能力だと思うんです。

 

普通の人と同じ環境の中にいても

インプットやアウトプットが違うってことは、

それだけ「価値」を生んでいけるってことです。

 

自分にない視点を提供してくれる存在に

人は価値を感じますし、

新しい視点を手に入れることで人は成長していくこともできます。

 

成長って究極の価値ですしね。

 

人と違った視点を持ってるということは、

人が思いつかないサービスや商品を

生み出していくことにも当然つながります。

 

それって世の中からしたら価値のあることですよね。

 

あと、なにより自分自身が楽しいと思うんですよ。

 

お笑い芸人が自分の視点や発想から生んだネタで

お客さんを笑わせるのが楽しいように、

自分の視点や発想から生まれたアイディアを使って、

世の中の人々の役に立つって本人が一番楽しいと思うんですよ。

 

それってお金を稼ぐことや、異性にモテることや、

贅沢すること以上にきっと価値があるんじゃないでしょうか。

 

いや、もちろん贅沢だってしたいですよ!笑

 

でも本当の自由ってそこにある気がしてます。

 

人と同じものを見てるのに、

その見方を変えるだけで自由に価値を生めるような存在。

 

そういう人が本当の自由人なんじゃないかなと思うんですよ。

 

 

というわけで今日はこのへんで!

 

ありがとうございました!!

 

 

 

 

自分を1つレベルアップさせる方法

こんにちは、マシューです。

 

もうね、もし明日死ぬとしたらこれだけは話しておかないと

って思って今部屋で一人PCをカタカタ打ってます。

 

それはたぶん世の中の多くの人々が抱えている悩みについてです。

 

本人に悩んでる自覚があるかどうかはわかりませんけどね。

でも、ほぼすべての人間が抱えている悩みであり、

それはある種の呪縛です。

 

今日はそんな呪縛の鎖につながれた子羊たちを救おうと、

メサイヤ・マシューとなって魂込めてお話していきますぜ。

 

まずその呪縛がなんなのかってことからなんですが、

それは「親」から受ける影響のことです。

 

そう、親からの影響ですよ!

 

これがね、ほんっとーーに大きいんですわ。

 

僕たちの潜在意識に刷り込まれてしまってるんで、

もしかしたら意識ではわかってないかもですが、

つまり、自覚なく知らず知らずのうちに影響されてるかもですが、

幼少期から受けてる親の影響って凄まじいのです。

 

 

具体例として、僕の両親について話しますね。

 

あ、言っときますけど僕は父も母も大好きで、

2人とも大事に思ってますからそこは勘違いしないでおくんなせぃ。

 

で話を戻しますが、

2人は言ってしまえばめちゃくちゃ過保護なんですよ。

 

めちゃくちゃ過保護って日本語おかしいけど、

とにかく過保護なんですよね。

 

基本的には、子どものことを気にかけてくれて、

心配してくれるし、困ったら助けてくれる良い両親なんですよ。

 

でも、物事には必ずプラスとマイナスが同居しています。

 

子どもをよく気にかけて手助けしてくれる親は一見いい親に見えますが、

その反面ではそれが過保護になってしまい、

そのせいで子どもの精神的な自立を妨げることにも繋がります。

 

逆に子どもをほったらかしの親については、

その子どもは早くから精神的な自立を果たすかもしれませんが、

親からの愛情不足が原因で愛情欲求や承認欲求

強い人間になってしまうかもしれません。

 

愛情欲求や承認欲求が強いと、

周囲の人間の注目を無駄に集めたり、

認められるために平気でウソついたり、

やたら自慢したり、

そういった「エネルギーを奪う」ことをする人間になってしまうことがあります。

 

もっとエスカレートするとダークサイドに落ちてしまうんですが、

その話はまた機会があればしますね。

 

話を戻しますが、

今見た2パターンの親のどっちが良くてどっちが悪いというのは、

一概には言えないんですよ。

 

どちらにもプラスの面とマイナスの面があります。

 

大事なのはそれを踏まえた上で僕たちが、

親からはもらえなかった部分をカバーしていくことなんですね。

 

僕の場合は親が過保護なもんだから、

ずっと精神的に甘ったれでした。

 

ちゃんと精神的な自立ができてなかったんです。

 

なので、「このままじゃいかん!!!」と思って、

すこし親と距離を置くことにしたんです。

 

それはちょうど自分の人生のちょっとした転機が来たタイミングでした。

 

そういう変化のタイミングって、

親は子どもに対して同調圧力をかけてきます。

 

子どもが自分たちの元から離れるのが嫌で、

無意識に変化を邪魔してしまうのです。

 

でもそれって親からすれば悪意があるんじゃなくて、

親切心で言ったり、やったりしてるんですね。

 

よくありますよね、

「あなたの為を思って言ってるのよ」って。笑

 

でもその影響をもろに受けていたら

いつまでたっても自分は変われません。

 

なので親としばらく距離を置くことにしたんです。

 

まあ「もう影響受けないよ」ってくらいまで

自分のステージが上がってしまえば問題ないんですけどね。

 

でも、そのときの僕はまだまだ親の言葉に精神的に揺さぶられてたので。笑

 

そうやって距離を置くことで、

親元では得られなかった「精神的な自立」を手に入れたわけです。

 

軽く話をまとめますね。

 

・親からの教育には必ずプラスとマイナスの両方がある

 

・なので親元で得られなかったものは自分で自覚して

獲得していくことが大事

 

ということです。

 

特に親が過保護だと、

その影響下にいるのって居心地がいいから

なかなか抜け出せなかったりするんですよね。笑

 

でもそこは「エイッ!」って勇気を振り絞っていくことが必要です。

 

 

というわけで今日はここまでです!

 

ありがとうございました!!

 

 

潜在意識に棲む怪物

こんにちは、マシューです。

 

生きているとめっちゃ不思議なことがあります。

 

これから事業が大きく飛躍するか、

それともダメになるかという重大な局面を迎えているときというのは、

自分の精神が高いところで統一されていて、

リラックスし過ぎず、かと言って緊張もし過ぎず、

とてもいい集中力を発揮できていたりします。

 

でもそんなほどよい緊張感の中にいる際に、

突然、実家の母親から電話がかかってきたりすんですね。

 

というか、かかってきました。

 

電話の内容はシンプルで、

「明日、お父さんと東京いくからお昼一緒に食べよう」

ってことでした。

 

 

いや、全然いい。

 

忙しいけどお昼食べるくらいの時間なら作れる。

 

 

ただ、僕の頭によぎったのはある言葉だったのです。

 

ホメオスタシスーーー!!!」

 

 

ホメオスタシスというのは、

日本語で言うと「恒常性」というもので、

簡単にゆうと、

「変化したくないから昨日までと同じ状態に戻そう」

とする力のことです。

 

 

目の前に何か大きなチャンスがあって、

それを掴めば人生が大きく変化するというときに、

急に体調が悪くなったりして、

そのチャンスを逃してしまう。

 

自分のエネルギーがいい感じに高まっていて、

これからステージが一気に上るぞというときに、

昔の恋人や友人から久しぶりに電話がきて、

話している内に昔の自分に戻ってしまい、

せっかく高まったエネルギーが発散してしまう。

 

 

それらの裏で糸を引いている黒幕は「ホメオスタシス」です。

 

やつは僕たちがこれから成長、変化していくぞってときに

そうはさせまいと逆方向に僕たちを引っ張るんですよ。

 

で、その力に負けると結果昨日までと同じ自分に落ち着いてしまう、と。

 

 

そもそもなんでホメオスタシスなんて機能が人間に備わっているのかというと、

人間がまだ狩りをして生活していた頃に話は遡ります。

 

狩猟民族だったころは今と違って危険がいっぱいでした。

 

発見した洞穴に勇気を出して飛び込んだら天敵と遭遇して

食べられてしまったとか、

新しい食材を見つけて食べてみたら毒があって死んじゃったとか、

新しい土地にいったら別の種族と揉めて殺されたとか。

 

とにかく変化を求めたり、新しいことをすると、

文字通り命の危険がともなったわけです。

 

そこで人はDNAレベルでそういった

「チャレンジ」を避けるようになったのです。

その機能がホメオスタシスなんですね。

 

だから、顕在意識では変化したい、成長したいと思っても

潜在意識はそれにブレーキをかけます。

 

昨日までもちゃんと生きてこれたんだから

わざわざ変化しなくていいじゃん。

 

上手くいく保証がないことはするべきじゃないぞ。

 

というふうに。

 

 

それで面白いのは、そういうホメオスタシスって

自分にだけ働くのでなく、

他者に対しても働くってことです。

 

自分が変化しようとするときに、

タイミングをはかったかのように昔の恋人から電話かかったくるのもそうですし、

独立しようとしたときに、

会社の同僚に反対されるのもホメオスタシスの一種だったりします。

 

 

なので、そういう存在とは一時でも距離を置いたほうが得策です。

 

それにステージも上がればそういう人から影響を受けなくなります。

 

 

ホメオスタシスっていう機能が働いているんだってわかるだけでも、

自分のことをうまくコントロールできるはずですよ。

 

(ちなみに体温調節とかもホメオスタシスの力なので、

なきゃないで困るんですけどね!)

 

というわけで今日はこのへんで!

 

ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

変態行為がビジネスを救う

こんにちは、マシューです。

 

人が商品を買うとき、

その理由は大きく分けて2つのパターンに分かれます。

 

1.その商品やサービス自体に興味があるから買う

 

2.商品やサービスを提供しているその人の価値観や世界観に興味があるから買う

 

この2パターンです。

 

それで、僕たちがビジネスしていこうと思ったら、

いかに2つ目の理由で選ばれるかが重要になってきます。

 

どうしてなのか、といえばその訳は簡単で、

商品やサービスは飽きられることがあっても、

その人自身に興味を持たれるなら、

その人が進化をやめない限り永遠とビジネスが上手くいき続けるからです。

 

じゃあね、

「どうすれば自分の価値観や世界観に興味を持ってもらえるのか」

ということなんですが、それは

「いかに常識とのギャップをつくるか」

ということが重要です。

 

言い換えるなら、

「人が取らない行動をどれだけ取るか」

ということですね。

 

 

たとえば僕は昔まだ会社員だったころ、

都内にあるコンラッド東京のスイートルームに泊まったことがあるんですね。

 

まぁスイートルームと言っても別に1泊何十万とかするようなところじゃなくて、

7万円程度のところだったんですが、

それでも安月給だったころの僕にしてみればかなり冒険でした。

 

でね、それの何が重要かというと、

僕にとっては背伸びした体験だったわけですが、

日頃から当たり前のようにスイートルーム泊まる人っているわけですよね。

そういう人の価値観に触れられるというのが重要なんです。

 

当時の僕からしてみたら1泊で7万円とか高すぎる買い物です。

 

高すぎる、と感じるということは

その時の僕の価値観からは外れてるっとことですよね。

 

その自分の価値観から外れていることを、

「あえてやってみる」ことに意味があるんです。

 

そういう体験は自分に常識とのギャップを作ってくれますし、

そのギャップが自分の価値観や世界観をより面白くしてくれるわけです。

 

 

もちろん、お金がかかるものじゃなくてもOKです。

 

普段は読まないような雑誌を買って読んでみるのもいい体験になります。

 

例えば僕は男性なので、あえて女性ものの雑誌を読んで見るということをすれば、

普段は得られないような感覚を味わえます。

 

正直男性からしたら女性向けの雑誌ってつまらないと思うんです。

 

だからいいんですよね。

 

なぜこれが面白いのか?

 

女性たちはこの雑誌を読んでどう感じるのか?

 

ということを考えながら読むと、

女性の感覚が少しでもわかったりします。

 

そうやって今の自分の価値観や感覚とは違ったものを

手に入れるってことが重要なわけです。

 

常識から外れるということは

ある種の変態行為といえるわけですが(笑)、

そういう良い意味での変態行為なら

どんどんやっていくべきです。

 

 

というわけでぜひ出来るところからやってみてください。

 

今日もありがとうございました!

 

 

 

 

 

一流と自分ルールとダイエット

こんちには、マシューです!

 

スポーツでも、音楽でも、ビジネスでも、

一流と言われる人たちは自分ルールを持っています。

 

まぁ自分ルールと大雑把な言い方をすると、

誰だって多少は自分で自分に何か決め事ってしてるでしょうから、

そんなの普通じゃん、と思うかもしれませんね。

 

でも、いわゆる一流と言われる人たちが持ってる自分ルールって、

ある目的があって作られてるんですね。

 

それが、

「意志力の節約」

です。

 

意志力というのは人が何をするときにも消費するエネルギーです。

 

何するにしても人は共通のエネルギーである意志力を使うんですね。

 

週末の予定を考えてるとき、

夕飯の買い物で食材を選ぶとき、

映画見て感動して泣いてるとき、

会社で仕事しているとき、

嫌な記憶を思い出してるとき、

あんなことしなければよかったと後悔しているとき、

ダイエット中にケーキを我慢しているとき、etc...

 

もうとにかくありとあらゆることに対して

エネルギー(意志力)を使ってしまうんですね。

 

しかもそのエネルギーは有限で、

一日に使える量が決まっています。

 

だから、もし自分にとって優先度の低いもの、

たとえば過去に恋人にフラれたことを

ずーっとうじうじ悩んでたりすると、

それだけでエネルギーがすっからかんになっちゃったりするわけです。

 

で、エネルギーがすっからかんになると、

どうなるかというと、

人は何もする気が起きなくなります。

 

簡単に言えばダメ人間になっちゃうわけです。

無気力で、ダラダラした感じです。

 

 

普通、会社行って仕事してるだけでも、

人は多くのエネルギーを使います。

 

そんな中で独立のためにエネルギーを使おうと思ったら、

限られたエネルギーを上手にやりくりするしかありません。

 

エネルギーのも漏れを防いで、

消費を最小限に抑えるわけです。

 

実はそのために役立つのが自分ルールなんですね。

 

一流の人たちが自分ルールを持つのって、

要するにエネルギーの浪費を防いで、

自分の優先順位が高いところにエネルギーを注ごうとするからです。

 

というか、余計なことにエネルギーをまわす余裕がない

競争が激しく厳しい世界で勝負しているわけです。

 

で、もちろんここで話したいのは、

別に一流を目指しましょうよって話じゃなくて、

その一流の人たちがやってることを僕たちも上手に取り入れたら

もっと日々の生活の質が向上するんじゃないでしょうかって話です。

 

じゃあどう自分ルールを活用すればいいのかって話ですが、

まず自分が普段どこでエネルギーをロスしているかを把握して、

その上でそのロスを防ぐ方向にルールを作ればいいわけです。

 

たとえば、ダイエット中なら

「家にケーキやお菓子を置かない」

という自分ルールは有効だと思います。

 

家にあるから食べたくなるわけですし、

食べたいのを我慢するからエネルギーが漏れるわけです。

 

でも家にお菓子を置かないというルールを作って守れば、

その分のエネルギーロスがなくなります。

 

僕はここ週間毎日なんらかの文章を書くようにしています。

それも自分ルールなんですね。

 

そもそもどうして文章を書くかというと、

自分の発信力を鍛えるのが目的なんですが、

発信力を鍛えるには「とにかく書く」ことが必要です。

 

でも書く習慣がなかった僕にとって、

毎日書くってちょっと気が重かったわけです。

 

ああ、どうしよ書くことないし、

今日はやめといて明日にしようかな

 

とか、

 

書きたいことやいいアイディアが浮かんだら書こうかな

 

とかってやってたらいつまでも発信力は鍛えられません。

 

だから「毎日書く」を自分ルールにしちゃったわけですね。

 

実は、ああだこうだ考えてるのもエネルギーを使ってるわけで、

それって無駄ですから、

やると決めたなら余計なことを考えず書く、

とすればエネルギーも無駄遣いしなくて済みます。

 

 

というわけで今日はこの辺で!

 

ぜひ自分ルールを活用してみてください。

 

今日もありがとうございました!