ゆとり世代の生存戦略

3年働いた会社を辞めて、自分で事業とか始めてしまったゆとり世代の生存戦略ブログです。

ドール〈自動手記人形〉という旅に出たヴァイオレット〜ヴァイオレット・エヴァーガーデン4話感想とか〜

冒頭でいきなり、 

アイリスの「わかってる」に対するツッコミがもう別人みたい!

 

人間の機微に完全に鋭くなっとるやん!
 
と思ったけど相変わらずな一面がまだまだ残ってましたね。
 
そんな人形みたいな性格もヴァイオレットの魅力なんですけど。
 
 
そういえば、
アイリスの家族に挨拶するヴァイオレット
すごく綺麗でかっこよかったですね。
 
アニメ放送はじまる前に
あのシーンをPVか何かで見て
とっても気になってました。
 
 
そして今回はアイリスとのお話。
 
「愛してる」の意味を探すべく
ドール〈自動手記人形〉という旅に出たヴァイオレット。
 
 
毎度のストーリー自体はいたってシンプルです。
 
その回で相方となるキャラがいて、
何かしら問題が起き、
相方との摩擦や協力を得て
相方キャラとヴァイオレットが共に成長していく
 
という一連の流れです。
 
 
ヴァイオレットは複雑な人間の心がまだ理解できていません。
(いや、普通に誰だって理解し切れないのが人心というものですけどね)
 
 
そんなヴァイオレットは思考がとてもシンプルです。
 
そしてシンプルゆえに、まっすぐに相手の心に響いてきます。
 
エリカもアイリスたちはヴァイオレットからその「まっすぐさ」をもらい、
ヴァイオレットはエリカやアイリスから「心の複雑さ」をもらうことで、
互いに成長していく感じです。
 
 
 
そういえば、
第2話で少佐からもらったエメラルドが手元に戻ってきたときに
とても優しく穏やかな表情で喜ぶヴァイオレットを見て
ホッジンズが反応していましたが、
 
「こ、こいつ、実は愛してるの意味わかっとるんやないか」
と僕の脳内ホッジンズはつぶやいていました。
 
 
そう、ヴァイオレットは愛してるの意味を探しつつも、
実はすでにその意味を知っているんじゃないかと思うんですね。
 
 
ただ、その気持ちや想いに気づけていない。
 
だから毎回いろんな登場人物たちと交流する中で、
ちょっとずつ、ちょっとずつ宝の手がかりを拾い集めているのです。
 
 
そして最後には探していた宝はすでに持っていたことに気づく。
 
 
あぁ、知りたいと思っていたけど、
自分の中にあったこの気持ちや想いが
実は「愛してる」だったんだ、って。
 
 
というのはちょっとベタな気がするので、
この作品ではきっとそんな予定調和は超えてくると思います。
 
 
そしてもし少佐がすでに亡くなっているとしても
やっぱり最後は少佐に手紙を書くことで
自分の気持ちを伝えるのでしょうか。
 
 
どんなところに物語が着地するのか今から気になります。
 
 
ところで、ヴァイオレットは和名にするとスミレです。
 
今回の第4話では、少佐がヴァイオレットに名前を付ける回想がありましたね。
(軍服ヴァイオレットがマジ天使)
 
 
劇中で少佐が見かけて、
少女時代のヴァイオレットに名前をつけるきっかけとなったのは
紫のスミレでした。
 
調べてみましたが、紫のスミレの花言葉は「愛」なんですね。
 
 
マジかよ、シャレてんなおい!
と調べた時はちょっと興奮してしまいました。笑
 
 
それにしても、ヴァイオレットみたく
たくさん失敗したり、苦い経験をしても
それでもめげずに成長していくキャラの姿には
本当に勇気をもらえます。
 
 
筆者も普段は都内の会社で働いていますが、
うまくいかないことやつらいことがあったときは
アニメや漫画の主人公たちの奮闘を思い出して、
「自分もがんばろう」と自分を鼓舞しています。
 
 
こんなこというと、
「いやいや、所詮は物語だから。
現実とは関係ないでしょ」
みたいに考える人もいるかと思います。
 
 
でもね、
起こる問題やぶつかる壁のスケールが違ったとしても、
物語と人生というのは相似形なのです。
 
ですから、表面的に違ったように見えても、
その構造や本質は同じだったりします。
 
 
なので、
所詮はお話だから、と他人事のように考えず、
ぜひ人生の糧にしていってはどうでしょうか。
 
そうすれば、好きなマンガやアニメが
自分の人生でもっと大きな意味をもってくるはずです。
 
 
というわけで今日は以上です。
 
ありがとうございました!