読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり世代の生存戦略

3年働いた会社を辞めて、自分で事業とか始めてしまったゆとり世代の生存戦略ブログです。

ネットビジネスで結果を出す人と出さない人の違い

個人でビジネスをするようになって、

僕と同じように個人ビジネスをしている

たくさんの人と関わってきました。

 

で、見ていると、

当然ですがビジネスで結果を出す人と

そうでない人がいるわけなんですよね。

 

ビジネスで結果を出せるとか出せないって

話をすると、能力的な問題なのかって

結論づけがちじゃないですか。

 

でも実はそうじゃないみたいなんですよ。

 

じゃあ結果を出す人とそうでない人の違いって

一体なんなのって話なんですが、

 

それは−−−「やる理由を持っているかどうか」なんですよね。

 

やる理由というのは、

なぜそのビジネスをやっているのかってことです。

 

例えば個人でネットビジネスをやるってときに

ありがちな理由と言えば、

収入を増やしたいです、とか

会社員をやめたいです、とか

とにかく「月収100万円!」、とか

そんな感じだと思うんです。

 

僕も収入増やしたかったし、

会社員を続けるのが辛くて

早く会社やめたいなって思っていたクチです。

 

で、結局その理由って本心なの?ということなんですよね。

 

いろいろと人にはそれっぽい理由を語るけど、

蓋を開けてみると、

なんとなく収入増えたらいいから、とか

会社員やってるのダルいから手っ取り早くやめたい、とか

そんな程度だったりするんですよね。

 

要するに、「なんとなく」程度の理由で

手っ取り早く稼げそうだからってネットビジネスを

始めたりするわけです。

 

でも、当然そんなにあまくないわけですよ。

 

そりゃ他のビジネスに比べたら、

手軽さはあるのかもしれないですよ。

 

会社員を続けながらできるし、

初期費用だってモノによってはほぼかからなかったりしますから。

 

でもだからって簡単に稼げるわけないんですよ。

 

ある程度の努力の壁があって、

そこを超えた人が楽々稼げるステージにいるだけで、

最初はその壁を超えるってことが必要なんです。

 

 

なので、本当にビジネスで結果を出したいのなら、

やる理由が自分にとって本心なのかどうかってところに

意識を向けて見てください。

 

逆に理由が自分にとって本気なら、

ビジネスで結果を出すのも

無理な世界では全然ないはずですから。

 

 

というわけで今日は以上です!

 

ありがとうございました!