読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり世代の生存戦略

3年働いた会社を辞めて、自分で事業とか始めてしまったゆとり世代の生存戦略ブログです。

脳トレ;わざとテンパる状況に自分を追い込んでみる

人間の脳って、

放っておくとどんどん仕事をしなくなります。

 

ここで言う放っておくってどんな状態かっていうと、

「慣れたこと」しかやらない状態のことです。

 

慣れたことって、

頭で考えたり、悩んだりしなくても

簡単にできちゃいますよね。

 

もちろんそれ自体はいいんですけど、

っでも脳はスキあらば楽をしようとするので、

慣れたことばかりやってると

どんどん頭を使わなくなっちゃうんですよね、人間って。

 

で、やっぱり脳も筋肉と同じで

使ってないとどんどん衰えちゃうわけですよ。

 

簡単に言えば思考能力が低下しちゃうわけですよ。

 

それって人生の質をものすごく下げることになると思うんですよね。

 

自分でビジネスするってことに関して言えば、

自分の頭をどれだけ柔軟に使えるかってところが

後々の成功にも繋がってくるわけですから。

 

もちろん仕事に限らず、

趣味でも遊びでも、

頭が固くなった状態より、

柔軟に思考できて

たくさんアイディアも浮かぶって状態の方が

やっていてずっと楽しいはずです。

 

じゃあどうしたら思考力を低下させず、

冴えた頭にしていけるのかってことですが、

これはわざとテンパる状況に自分を追い込んでやるんです。

 

例えば何か新しいことをしてみる。

 

これは手っ取り早いですね。

 

昨日までと同じことを

同じようにやっていると

頭を使わないから

思考力が鍛えられないわけです。

 

でも、慣れていないこと

つまり新しいことをやれば

否応無しに頭を使うことになります。

 

きっと上手くいかないことも当然あると思います。

でもそれでいいんですよ。

 

どうやったら上手くいくのかなって

考えてる時間が脳にとっていい刺激になるからです。

 

僕は最近PCを買い替えたんですね。

 

それまでずっとWindowsユーザーだったのに、

Macに乗り換えたんです。

 

そしたらこれがまた面倒で。笑

 

操作の勝手が違うし、

それまで簡単にできていた作業が上手くいかないしで、

いい感じにテンパりました。

 

でも、その瞬間って自分でも頭使ってるなって

感じがしてどこが心地よさもあるんですよね。

 

心地よさってのは、

上手くいかないことに対してではないですよ。

 

上手くいかないときに、

思考していること自体が

ちょっと心地いいんですよね。

 

運動した後って

気分がいいじゃないですか。

 

多分あれと似ています。

 

 

そんなわけで、

一日の中で10%くらいでいいから

何か新しいことや

チャレンジングなことを

いつもと違ったことを

やってみるといいと思います。

 

というわけで今日は以上です!

 

ありがとうございました!