読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり世代の生存戦略

3年働いた会社を辞めて、自分で事業とか始めてしまったゆとり世代の生存戦略ブログです。

業界で一人勝ちする方法

こんにちは、マシューです。

 

僕はずっとひどい思い違いをしていたことがあって、

同じことを仕事にする人が増えたら、

その市場は飽和しちゃうんじゃないかって思ってたんですよ。

 

でも、これって僕の無知からくる勘違いで、

実はそんなことはないってことをつい先日知りました。

 

ずっとビジネスとかの勉強してきたつもりだったし、

これから今やってる事業の他にも、

いろんなビジネスにチャレンジしようと思ってたくせに、

ほんとお恥ずかしい話なんですけどね。笑

 

でも、競争相手や参入者が多い市場でも

ちゃんと勝負していけるんだということを学んだので、

今日は自分への戒めや復習をかねて、その共有です!

 

 

まず結論から言うと、

一見飽和してそうな競争が激しい市場で

「競争せずに」勝つ方法があります。

 

それが「付加価値」で勝負するということです。

 

たとえば、予備校の講師って競争が激しいと思うのですが、

付加価値を提供することで、

一人勝ちするようなことも可能です。

 

普通に勝負したら、

授業がわかりやすいのかとか、

講師のキャラが面白いのかとか、

が競争のポイントになってしまいます。

 

そこに付加価値を提供するとこんな感じです。

 

「数学を教えながら受験に必要なメンタルを作るためのコーチングをします!」

 

「勉強に最適な環境のつくり方とは!?

場のエネルギーを高めて受験に集中するために最適な勉強部屋を

どうやったらメイキングできるのか、その方法をお教えします!」

 

「受験生の最大の敵は親!?

毎年ほぼ100%の受験生がぶつかる親との関係性について

過去2万人の受験生の相談に乗ってきた経験から最適なアドバイスを提供します!」

 

これらは今僕が即興で考えただけなので、

あくまでイメージなんですが、

こうやって他の講師が持っていない価値を提供することで、

その講師の価値はぐんと上がるはずです。

 

価値が上がるということは、

価格競争に巻き込まれないということです。

 

ほんとうにただ人と同じことをするだけ、

同じ価値を提供するだけだと、

とにかく他より価格を下げるしかありませんし、

それはジリ貧の道ですからね。

 

 

ぜひぜひ付加価値という視点を取り入れてみてください。

 

いや、おまえがなって話ですよね。笑

 

僕もしっかり付加価値について理解していきます!!

 

 

では今日もありがとうございました!