読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり世代の生存戦略

3年働いた会社を辞めて、自分で事業とか始めてしまったゆとり世代の生存戦略ブログです。

ラーメンズから学ぶ本当の自由

こんにちは、マシューです。

 

最近ラーメンズのコントを見るのにハマってます。

 

ラーメンズ知ってますか?

コント見たことあります??

 

あれは一度見てみてください。

 

お笑いというジャンルではあるんでしょうが、

もはやそのカテゴリーを飛び超えて

一種の芸術なんじゃないかとさえ思います。

 

テレビ番組に求められるような、

爆笑とか勢いとか華やかさって感じのネタじゃないんですが、

独特の世界観でつくられてるコントは、

笑い以上の刺激をくれますよ。

 

いや、笑い以上の刺激っていきなり言われても、

お前なんだよって話ですけど笑w

 

ただね、ネタを見ていて思うのが、

頭いいなって思うんですよね。

 

コントの中で同音異義語をふんだんに使ってるものがあって、

それをラーメンズの2人がそれぞれ違うストーリーを進めながら

そのストーリーの端々で同音異義語が出てくるネタなんですけど、

こんなネタどうやって考えたんだろうって感心しちゃうんですよ。

 

面白いからもちろん笑うんですが、

笑うのと同時に感心しちゃう。

 

よくそんなこと思いついたなって。

 

どんな視点で生きてたらそんな切り口でコント作れんのかなと。

 

そういうことばかり考えちゃいます。

 

でね、ラーメンズに限った話じゃないんですが、

芸人さんたちの物事への視点とかアイディアの発想って、

学ぶべきことが沢山あると思うんですよ。

 

だって、芸人さんって別に特別な生き方をしているわけじゃないですよね。

 

もちろんダウンタウンとか、さんまさんとか、たけしさんとか、

芸能界で成功している人は、

ちょっと一般人とは違う世界で生きてるのかもしれませんが、

下積みを何年も続けてようやくブレイクした芸人さんとかって、

僕たちと同じような生活をしてきたわけです。

 

その、言ってしまえばありふれた日常の中で、

人が思いつかないような面白いネタを考えて、

舞台やテレビで披露することで売れていくわけです。

 

普通の人と同じものを見てるのに、

そこから得る情報や発想するアイディアが違う。

 

この頭の使い方って僕たちも見習うべきですし、

それって訓練次第でいくらでも伸ばせる能力だと思うんです。

 

普通の人と同じ環境の中にいても

インプットやアウトプットが違うってことは、

それだけ「価値」を生んでいけるってことです。

 

自分にない視点を提供してくれる存在に

人は価値を感じますし、

新しい視点を手に入れることで人は成長していくこともできます。

 

成長って究極の価値ですしね。

 

人と違った視点を持ってるということは、

人が思いつかないサービスや商品を

生み出していくことにも当然つながります。

 

それって世の中からしたら価値のあることですよね。

 

あと、なにより自分自身が楽しいと思うんですよ。

 

お笑い芸人が自分の視点や発想から生んだネタで

お客さんを笑わせるのが楽しいように、

自分の視点や発想から生まれたアイディアを使って、

世の中の人々の役に立つって本人が一番楽しいと思うんですよ。

 

それってお金を稼ぐことや、異性にモテることや、

贅沢すること以上にきっと価値があるんじゃないでしょうか。

 

いや、もちろん贅沢だってしたいですよ!笑

 

でも本当の自由ってそこにある気がしてます。

 

人と同じものを見てるのに、

その見方を変えるだけで自由に価値を生めるような存在。

 

そういう人が本当の自由人なんじゃないかなと思うんですよ。

 

 

というわけで今日はこのへんで!

 

ありがとうございました!!