ゆとり世代の生存戦略

3年働いた会社を辞めて、自分で事業とか始めてしまったゆとり世代の生存戦略ブログです。

先日、セルフイメージやエネルギー循環のことを

脳科学の視点からお話しまいた。

 

覚えてますでしょうか??

 

今日はその考え方をさらに発展させてみようと思います。

 

それは「徳」と「信頼残高」という考え方です。

 

良いことをすると内側前頭前野における

自分自身への評価が高まり、

その評価の分だけ受け取れるものを増える

というのはすでにお話したことですが、

これは「信頼残高」という話と関連してきます。

 

これは良いことをした際のプラスの評価が

脳内にたまるのでなく、

宇宙にある銀行にたまっていくという考え方です。

 

宇宙ってのはあくまでイメージですよ。

 

まあどういうことかというと、

このブログを読んでる人が1万人いたとしましょう。

 

僕が1つの記事を書いてアップすると、

1万人の人が読んでくれるわけです。

 

その際に1人あたり100ポイントが、

僕の宇宙銀行の口座に信頼残高としてたまっとします。

 

そうすると宇宙銀行には100万ポイントがたまったことになるわけです。

 

あくまでその書いた記事が人の役に立っている

ということが前提ですけどね。笑

 

それに人によっては受け取るエネルギー量が違うので、

みんなに対して一律で100ポイント分がたまるわけじゃありません。

 

数字はわかりやすいように適当に話しています。

 

それで、ですよ。

 

そうやって僕がアップする記事が

価値のある記事だったなら、

読んでる内に

「こうやってブログから価値をもらっている分、

何か返していかないとな」って思うようになります。

 

そこに例えば僕が今度セミナーをやりますとなると、

溜まっている信頼残高の分だけ人が参加してくれるのです。

 

さっきの溜まっていた100万ポイントで、

一人セミナーに呼ぶのに1万ポイント消費するとしたら、

100人は僕のセミナーに参加してくれることになります。

 

あくまで数字はわかりやすいように適当に話しています。笑

 

逆にいえば、

信頼残高がない状態で何かビジネスしようとしても、

誰も何も買ってくれないということです。

 

もっと言えば信頼残高以上の結果をビジネスで出そうとすると、

急にクレームが増えたり、何かしらトラブルが起きたりするんですね。

 

 

それで、この信頼残高をさらに発展させたのが、

「徳」という考え方です。

 

まあ今日は時間なのでここまでにしておきます。

 

次回か、そのまた次回になるかわかりませんが、

とても大事な「徳」の話をしますね。

 

では今日もありがとうございました。