全業界に通じるセールス

今日は10分で書こうと思います!

 

なんの話をするかというと

 

セールスを学ぶ価値についてです。

 

 

セールスというと、

 

営業職の人だけが学べばいいと

 

考えがちですが、

 

実はそんなことないと思っていて、

 

どんな業界だろうと、

 

どんな職種、例えば事務や受付や接客だろうと

 

セールスの話は役立つんですね。

 

 

セールスって人によっては

 

ネガティブな印象を持ってるかもしれません。

 

無理やり商品を売るとか、

 

その商品を必要としていない人に対しても買わせることができるとか。

 

 

でも、セールスって本来はそんなものではありません。

 

セールスを簡単に言うと、

 

相手に気持ちよく行動してもらうためスキルです。

 

 

相手に何かを勧めたい、

 

相手に何かを頼みたい、

 

そんなときに気持ちよく相手に行動してほしいじゃないですが。

だからセールスを学ぶんですね。

 

というわけで今日は以上です。

 

 

 

 

 

全業界に通じるセールス

今日は10分で書こうと思います!

 

なんの話をするかというと

 

セールスを学ぶ価値についてです。

 

 

セールスというと、

 

営業職の人だけが学べばいいと

 

考えがちですが、

 

実はそんなことないと思っていて、

 

どんな業界だろうと、

 

どんな職種、例えば事務や受付や接客だろうと

 

セールスの話は役立つんですね。

 

 

セールスって人によっては

 

ネガティブな印象を持ってるかもしれません。

 

無理やり商品を売るとか、

 

その商品を必要としていない人に対しても買わせることができるとか。

 

 

でも、セールスって本来はそんなものではありません。

 

セールスを簡単に言うと、

 

相手に気持ちよく行動してもらうためスキルです。

 

 

相手に何かを勧めたい、

 

相手に何かを頼みたい、

 

そんなときに気持ちよく相手に行動してほしいじゃないですが。

だからセールスを学ぶんですね。

 

というわけで今日は以上です。

 

 

 

 

 

人生を加速させる「言葉」の使い方

今日も見切り発車気味に書き始めました。

 

話そうと思っているのは、

 

人生を加速させる「言葉」の使い方です。

 

まず基本的なところからお話すると、

 

人間の脳って、

 

その人が発した言葉に大きく左右されるんですね。

 

簡単に言えば、

 

人が発した言葉を現実化しようとするのです。

 

 

なにか勉強、たとえば英語の勉強しているときでも、

 

「英語苦手なんだよねぇ」

 

と言葉にしている人は

 

本当にどんどん英語苦手になっていきます。

 

 

逆に、

 

「なんか、英語できるようになる気がする」

 

と言ってる人は

 

本当に英語が得意になりやすい状態になります。

 

 

簡単に言えばこんな感じです。

 

この辺はたぶん感覚的にわかりやすいと思います。

 

日本人はもともと言霊信仰の民族で、

 

口にしたことは実現するということを信じていますから、

 

脳が言葉の影響を受けるというのも、

 

わりとすんなり腑に落ちるんじゃないかなと。

 

 

そして、大事なのはここからなんですんが、

 

残りあと6分しか無いので、

 

手短に進めますね!

 

 

えーとですね、

 

その「言葉」なんですが、

 

誰か人に向けて言葉を発した場合に、

 

その言葉のエネルギーが相手にいく分と

 

自分自身に返ってくる分というのがあるんですね。

 

 

すごく簡単に説明しますと、

 

「君にならできるよ!」と誰かに言った場合、

 

「できるよ!」という言葉のエネルギーが100だったとすると、

 

そのうちの30が相手に届きます。

 

そして残りの70が自分に返ってくるんですね。

 

 

わかりますか?

 

実は言葉って自分に対して向けたものだけでなく、

 

誰か他人に対して発したものも

 

自分に影響を与えてるんですね。

 

 

つまりですよ、

 

ネガティブな言葉も

 

ポジティブな言葉も

 

相手にかけた言葉は自分に返ってくるんです。

 

しかもそのエネルギーは相手に行くより多い!!

 

だから、いい言葉を使いましょうってことです。

 

あ、時間なので以上です!

 

 

成功者が秘密にしたいある共通点

世の中で成功者と言われている人たちには、

 

ある共通点があります。

 

それが「習慣化」するのがすごく上手ってことです。

 

何かを習慣化するってとても大事なんですね。

 

習慣というのは要するに、

 

意識せずとも、いちいち考えなくても、

 

自然とできてしまう状態であり、

 

それをしないと落ち着かないだとか、

 

気持ち悪いといった状態になっているものです。

 

身近なところでいうと歯みがきなんはそうですよね。

 

毎日の習慣になっていますから、

 

いちいち考えなくてもできますし、

 

やらないと気持ち悪いです。

 

 

人が何かをするときに一番エネルギーを消費するのって、

 

起動時なんですね。つまり最初の一歩です。

 

 

新しいことや不慣れなことを始めていくときって

 

すごくエネルギーを消費します。

 

 

でも当然ですが、

 

人が一日に使えるエネルギー量って決まってるわけです。

 

 

そう考えると、なんでもかんでもエネルギーを使っていられません。

だから習慣化が大事なんですね。

 

習慣化するって、

 

要は起動にエネルギーをかけなくても

 

よくなるということなんですね。

 

 

例えば僕なんかは今まさに文章を書くことを習慣にしようとしています。

 

もともと書くの得意でもなければ、

 

好きでもないので、

 

ブログの記事を書くのって

 

相当なエネルギーを使うんです。

 

 

でも、毎日記事を書き続けることで、

 

書くこと自体をまるで呼吸と同じくらいのレベルと

 

自然とできるようにしてしまおうと思ったのです。

 

 

実際、始めた頃に比べると、

 

大分書くことに対するハードルが下がってきました。

 

 

ちなみに、習慣化する際にコツが2つあります。

 

1つは、習慣化するまでは、

 

クオリティにこだわらないってことです。

 

ブログ書くときなんかも内容やクオリティにこだわらないで書いてます。

 

まずは、書くことを自然とできるようになることが最優先だからです。

 

そしてもう1つは、

やると決めたことを絶対に毎日守るということです。

 

 

脳は基本的にエネルギーを節約したくて仕方のない臓器です。

 

なので、習慣化できるまではそれをすることに

 

エネルギーを出すことをしぶります。しぶりまくります。

 

 

でも習慣化する頃には脳が諦めて、

 

やるならさっさと終わらせよう、

 

とエネルギーを早く捻出してくれるようになるんです。

 

 

と時間なので今日は以上です。

 

ありがとうございました!

人生最大の引き戻し

何書くか決まってないのですが、

 

書き始めました。

 

最近あった出来事といえば、

 

人生で過去最大級の引き戻し現象がありました。

 

人生を変えるために

 

とあるセミナーに参加しようと決めたのですが、

 

その矢先に父親からの電話があり、

 

そんなセミナーはやめとけって言われたんです。

 

僕がうっかりセミナーのことを母親に話したのが悪いのですが、

 

そこから父親に伝わってしまったようなのです。

 

もうね、引き戻しは怖いですよ。

 

父から電話がかかってきた瞬間に

 

「これは引き戻し現象だ」って気づいて、

 

気を張りながら、エネルギー取られないようにして

 

電話対応したんですが、

 

それでもやられちゃいました。

 

 

ガクンと自分のエネルギーや高めていた感覚が下がった感じがしましたね。

 

 

それまでの数日はとても調子が良かったのです。

 

気が充実していて、

 

仕事が繁忙期なので、

 

忙しく大変ながらも毎日情熱的に過ごせていましたし、

 

そのセミナーに向けて、

 

自分を磨き、感覚を高めていたんですね。

 

 

セミナーに参加するには、

 

その当日までに

 

どれだけ自分が精神的に準備できてるかって

 

すごく重要なんですね。

 

 

どれだけ準備したかで、

 

そのセミナーの吸収度が段違いなのです。

 

 

とくに、講師の人の感覚を自分にインストールすることが、

 

一番早く人生を変える方法でして、

 

そのためにも当日のセミナーに意識を向けて、

 

エネルギーを高める日々を送ることが重要になってきます。

 

 

なので、僕はそのために、

 

ほんとに真剣に、ひたむきに、必死で

 

準備をしていたわけです。

 

 

なのに、悔しいことにそのエネルギーを

 

親に奪われることになってしまいました。

 

 

正直いうと、自分が油断していたのも悪いです。

 

少しくらいエネルギーを取られても、

 

すぐに回復できるだろう、という驕りも

 

実はありました。

 

 

でも、起きてしまったことは仕方ありません。

 

ここから学んで、次に活かす。

 

反省は一瞬で、すぐに切り替える。

 

そして、この経験を誰かの役に立つ形で伝えていくこと。

 

そうやって、自分や他人の成長の糧にしていくことが、

 

今自分にできるベストだと思いました。

 

 

ちなみに、引き戻しで恐ろしいのは、

 

自分を疑うようになってしまったことです。

 

 

僕の場合、そのセミナーに参加したら、

 

絶対に人生変わると確信していたんですね。

 

なのに、引き戻しにあって、

 

本当にうまくいくのだろうか、

 

と自分を疑うようになってしまったのです。

 

 

そんな半端な状態で参加してもダメなんじゃないかと

 

おまけに負のループです。

 

ほんと気をつけてください。

 

時間なので以上です。

占いは吉も凶もない話

今日は変卦で坎為水がでました。

 

これは一般的には良くない卦とされています。

 

でも本来占いに吉凶はありません。

 

1つのストーリーの中で、

 

上がったり下がったりすることがあるように、

 

人の人生にも調子のいい右肩上がりの時期、

 

あまり調子のよくない下がり気味な時期というのは

 

必ず存在します。

 

 

なので、もし一見ネガティブな卦が出たら、

 

あぁ、今日は溜めの時期なんだなって判断します。

 

調子がよくない、上手くいかないというのは、

 

要するに次の飛躍のために、

 

エネルギーを溜めている時期なのです。

 

 

乾為天や雷天大壮のような卦ばかり出るようなことがあれば、

 

必ずエネルギーの溜めの時期は必要になります。

 

エネルギーを溜めずに人生が上手くいき続けると

 

どこかで必ず帳尻を合わせるために

 

ずーんと沈み込む時期が来るんですね。

 

じゃないと次のステージに行くための

 

エネルギーが溜まらないからです。

 

 

人生は1つの物語です。

 

映画の主人公が最初から最後までずーっと絶好調の映画、

 

何をやっても上手くいき成功し続ける映画なんてあったら、

 

それってものすごくつまらないですよね。

 

 

僕たちの人生だって同じです。

 

ずーっとただただ成功する人生って

 

それって何も面白くありませんし、

 

誰にも語ることができません。

 

上手くいかない時期があるからこそ、

 

人を感動させるような人生を生きられるのです。

 

 

というわけで今日は時間なので以上です。

 

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

人生の岐路にかかってくる親からの電話は大抵ろくなことにならない件

人生の岐路に立ったとき、

 

必ずと言ってもいいくらいに

 

起きる現象があります。

 

それが、

 

「引き戻し現象」

 

なんですね。

 

 

何かって言うと、

 

人は自分の意思、言い換えれば、顕在意識では、

 

ここから大きく人生を変えていきたい

 

と思っていても、

 

潜在意識では変化したくない、

 

このままでいたいって、

 

思っているんですね。

 

 

だから、自覚がなかったとしても、

 

自分で自分を下げる行動を取ろうとしてしまうんです。

 

 

例えば、僕自身に起きた引き戻し現象について話してみますね。

 

以前とあるセミナーに参加を決めた事があったのですが、

 

セミナーに参加しようと決めたところから急に、

 

自分のエネルギーを下げるような出来事が

 

次々と起こっていったんですね。

 

その1つが親からの電話です。

 

そのとき、ついうっかりなのですが、

 

実家にいる親にセミナーのこと話してしまったのです。

 

そのセミナーというのが、

 

1日のセミナーで参加費が18万円かかるような

 

高額なセミナーだったんですね。

 

 

そのことを母親に漏らしてしまい、

 

その母親から話を聞いた父親から

 

僕に電話がかかってきたわけです。

 

 

そしたらですよ、父親は言うわけです。

 

「そんな高額なセミナー、一般的にはありえないくらい高いから、

 

参加するのはやめておけ」

 

って。

 

ほんと引き戻しの教科書に書いてありそうなこと、

 

そのまんま言うわけですよ。笑

 

 

僕は電話が来たときから

 

「これきっと引き戻しだな」

 

って予感してたんですが、

 

まさにそのとおりになったわけです。

 

もうね、ソッコーで電話切りました。一方的に。笑

 

お互いにお互いの話を聞けない状態だったんですね。

 

頭に血が昇ってましたから。笑

 

 

僕とか、いつでも借りてきた猫のようにおとなしく、

 

自分で言うのもなんですが、

 

穏やかな性格なんですよ。

 

めったに怒ったり声を荒げたりしない。

 

なのにそのときは・・・

 

あ、もう時間なので今日はここまでにします。

 

とくかく、引き戻しがくるとわかっていれば、

 

ダメージは少なく済みます!