ゆとり世代の生存戦略

3年働いた会社を辞めて、自分で事業とか始めてしまったゆとり世代の生存戦略ブログです。

秒速5センチメートル ネタバレ感想

昨年2016年は「君の名は。」が大ヒットしたわけで、

僕も映画館で観てきました。

 

そして今になってようやく観ました「秒速5センチメートル」。

 

新海誠さんの作品は「言の葉の庭」も観ましたし、

雲のむこう、約束の場所」や「ほしのこえ」も観ました。

 

でも新海誠と言えばなにかと話題になる「秒速5センチメートル」は

これまで一度も観たことなかったんですね。

 

本編はTVアニメみたいに各話で区切られて構成されてるわけですが、

第一話の「桜花抄」ではスタートしてからずっと胸がムズムズしっぱなしでした。笑

 

もうね、貴樹と明里の青春オーラに当てられてしまって、

くすぐったくなってしまって。笑

 

こ、こんな青春がこの世に存在するのか!?

もし存在するなら自分が過ごしてきた10代とは一体・・・

 

とアニメに対して真剣に青春コンプレックスを発症しました。笑

 

 

東京と栃木って遠いよね、みたいなことを漏らす13歳の貴樹に

「いや東京と栃木なんてめっちゃ近いよ!」

と心の中で大人ツッコミを入れる茨城出身の28歳。

 

なぜ2人が会う日を土日にしなかったのか、

と疑問に思いつつも

約束の時間をとっくに過ぎてもなかなか電車が動かないことと、

明里に対しての申し訳なさに

観てるこっちまで胸が押しつぶされる思いでした。

 

 

トーリーを全く知らずに観始めたわけで、

「これもしかしたらもう駅に明里はいなくて、

想い合う2人はもう二度と会えないパターンの映画なのか?」

と頭を一瞬よぎったのですが、

約束の駅に着き、改札を通り、待合室に明里の姿を見つけた瞬間は

もう僕が泣きそうになりましたよ。笑

 

そして2人のトーク

これがまたリアルにありそうな言葉のチョイスとテンポの会話なんですよね。

そこがまたいい!

 

終電ないけど貴樹はどうするんだろう?

やっぱり明里の家に泊めてもらうのかな?

と思ったらまさかのボロ小屋での外泊!笑

 

ちゃんと2人とも家には連絡してるのかな?と謎に心配する28歳。

 

でも観てる方としては小屋での外泊は全然アリでした。

中学生男女が2人で毛布にくるまって大人のいない空間で夜を明かす。

2人を見ててワクワクして、ドキドキするけど、なんか泣きそうになる。笑

 

いやほんと貴樹に場所代わってほしい←

 

 

 

そして続く第二話と第三話。

 

こっちの感想はさらっと。

 

そう、たぶんあまり王道ではなかったですね。

 

 

もし第三話で東京に戻ってきた2人が再会して、

結ばれるというストーリーだったならば、

新海ファンが好むかどうかは別として、

もっと大衆ウケする作品になっていたと思います。

 

 

君の名は。」での2人は東京で再会を果たしますが、

この作品では結局再会しませんもんね。

 

明里の方はすっかり吹っ切れていて別の男性と婚約までしてますし。

 

まだ過去の恋を引きずっている貴樹は見ていてちょっと不憫な気がしちゃいました。

 

なんせ別の女性と付き合ったらしいけど

心の距離は1cmほどしか縮まらなかったそうですからね。笑

 

 

まあ別に王道の大衆ウケするものが必ずしもいいわけじゃないですしね。

 

 

もうね、この映画で学んだことは2つですよ。

桜の花びらが落ちるスピードは秒速5センチメートルで、

失恋を引きずるのはやっぱり男ってこと。笑

 

 

 

 

 

アニメを見てビジネスで成功する方法

僕がこうやって文章書いているとき、

つまり情報発信しているときに意識していることって、

読者さんとのコミュニケーションなんですね。

 

で、僕はアニメが好きで毎日何かしたのアニメを見るんですが、

そのときに意識していることって

アニメ制作スタッフさんとのコミュニケーションなんですよ。

 

アニメも言ってしまえば情報であり、コンテンツです。

 

当然それは野原に咲いている花じゃないですから、

作り手がいるわけです。自分と同じ人間が作ってるわけです。

 

ちなみに僕が情報の発信側にいるときに考えるのは、

どうすれば自分の伝えたいこと、つまりメッセージを

読者さんにわかりやすく伝えられるかなということなんですね。

 

自分が情報を受け取る側だけにいたら意識しなかったと思うんですが、

僕自身が情報の発信側、コンテンツの作り手側を経験することで、

アニメスタッフの意図やメッセージを

受け取ろうとする視点が芽生えたんです。

 

実はそういう視点で見ると、

また新鮮な感覚でアニメを見るとことができます。

 

同じアニメを見ていても、

他の人よりも多くの情報を受け取ることができる可能性があるわけです。

 

それがなんの役に立つの?

と思うかもしれませんが、

人と違う視点を持つことを意識する、

その視点を鍛えるということをすることで、

人とは違うアイディアを生み出すきっかけを増やせるんですね。

 

確かにアニメは言ってしまえば娯楽ですから

各自が好きなように楽しめばいいわけですけど、

楽しみながら自分を鍛えることができるなら

それって素晴らしいことだと思いませんか?

 

人と違うアイディアを出せる人って、

ビジネスをしていても重宝されます。

 

価値のある人材なんですね。

 

もちろんビジネス限らず、

人と違う視点を持ち、

柔軟に思考したりユニークなアイディアを生み出せることは

人生そのものを豊かにしてくれるはずです。

 

というわけで今日は以上です。

ありがとうございました!

 

自分と世界とは鏡

最近意識していることがあって、

それが自分の思考を観察するってことなんですね。

 

今自分が何を考えているのか、

どう感じているのか、

みたいなことをメタ視点で観察するようにしています。

 

そうすることでその思考や判断の根拠になっている

価値観やフィルターはなんなのか、

ということを自分で見つけて自覚するようにしているんですね。

 

というのも人って幼い頃から知らず知らずの内に

刷り込まれた価値観や信念があって、

それに行動や思考が縛られ不自由になっているということが

少なくないからです。

 

僕が目指している自由って

経済的な自由や時間的な自由の他に

精神的(思考的)自由があります。

 

精神的な自由ってなにかというと

自分のフィルターや価値観や信念を深く理解していること、

必要とあらばその柔軟に新しい価値観やフィルターを足したり、

外したりできること、

そして信念ともちょうどいい距離感で付き合えることを指しています。

 

結局、お金や時間がたくさんあっても、

自分の内なる世界を広げられないならそれは不自由だと

僕は思っています。

 

いつでも海外にいけますとか、

ほしいものは何でも買えますとか、

物質的に豊かになったり、

友達にリア充アピールできても

そんなのは別に豊かさの本質じゃないんですよ。

 

豊かさってのは自分の内なる世界をどれだけ広げられるか、

というところにかかってきます。

 

自分の内なる世界が広がれば、

目の前に広がる外の世界も広がるはずです。

 

今まで見えなかったものが見えるようになる、

今まで気づかなかったものに気づけるようになるんですね。

 

同じマンガを読んでも感じ方が豊かになり、

他人をより深く理解できたり、

それまで無関係だったものに繋がりを発見できたりね。

 

自分と世界は鏡合わせなんですよ。

 

思いつくままに書いたんでうまくまとまってないですが、

今日は以上です! 

 

ありがとうございました!

トップ1%の人材になる生き方

成功というと何か特別なことのように感じてしまいますが、

その成功をつくっているのって、

特別なことばかりじゃなくて、

むしろほとんどは地味で当たり前のことだったりします。

 

そう、特別なことが成功をつくっているんじゃなくて、

コツコツと日々積み重ねている地味な努力が、

結果として成功になるというだけの話なんです。

 

だから、もし大きな結果を出したいなら、

特別なときに頑張るとか、

特別なことをするとか、

そういうことじゃなくて、

毎日の、それこそ一瞬一瞬が

自分の成功の糧になっているんだということを

意識しながら丁寧に生きることが必要です。

 

ありふれた日常を見ているときも、

いつもとは違った見方ができないかなと意識してみたり、

人と話しているときも、

言葉の端々に注意しながら、相手を慮り、

より深く人間を理解することや

潜在的なニーズを探るように意識してみたり、丁寧にです。

 

それを毎日、365日続けるだけで、

別人になるくらい、

それこそトップ1%の人材になれるんじゃないかってくらい、

気づいたら大きく成長しているはずですし、

そうなれば成功も遠い話ではありません。

 

というわけで今日は以上です。

 

ありがとうございました!

 

 

 

因果を逆転させる生き方

時間の流れについて

過去→現在→未来

というふうに捉えている人が多いですが、

実はその反対に捉えることもできるんですね。

 

つまり

過去←現在←未来

というふうにです。

 

僕はこの考え方を採用しています。

 

そうすると何がいいのかというと、

過去に縛られなくなるんですね。

 

過去→現在→未来

という時間の流れで人生を考えてしまうと、

過去という「原因」は変えられないわけですから、

その「結果」である現在は常に過去に縛られることになります。

 

過去にあんなことがあったから、

今自分はこんな人生を送っているんだ。

 

過去が悪いんだ。

 

あれさえなければもっといい人生を歩めていたんだ。

 

と極端な話、こんなふうに過去に縛られて、

過去のせいにして今を生きるってことになってしまいますし、

昔の僕はまさにこんな思考で生きてました。笑

 

こうなると未来に対する選択も縛られちゃうんですよね。

 

今の自分を基準にして未来を想像してしまうわけです。

 

でもね、実際、現在と未来なんて関係ないんですよ。

 

未来は自由に選べるわけですから、

過去や現在がどんな状態かは考えなくていいんです、本来は。

 

なので、

過去←現在←未来

という時間の流れを採用していると

過去を原因として現在を見なくていいし、

今に縛られない未来を手にすることができるわけです。

 

ちなみに、当然のようにやってくる

こうなると確信を持って未来を選択することを

「コミットする」といいますが、

コミットすると因果が逆転します。

 

現在を原因、未来を結果とするんじゃなくて、

未来が原因、現在が結果になるんです。

 

未来の自分はこうなっている、

ということは今の自分はこうあるべきだ、

というふうにね、

「こうなる」という未来があって現在が確定するわけです。

 

過去←現在←未来

という考えを採用すれば、

コミットの感覚も得やすいんじゃないかなと思います。

 

自分が今この瞬間、この場所に立って、

なんのメンタルブロックもなく、

ただ素直に自分のほしい未来を選択する。

 

これも人生を一味変える楽しい生き方なんじゃないかなと。

 

というわけで今日は以上です。

 

ありがとうございました!

キングタムに学ぶ読者の興味を引き付けるテクニック〜キングタム第518話「戦地・リョウヨウ」を読んで〜

キングタム第518話「戦地・リョウヨウ」を読んで

気になった点があったのでそれについてちょっと小話を。

 

人間の脳ってある情報に小さな穴が空いてると、

それを埋めたくてモヤモヤするんですね。

 

それをここでは仮にモヤモヤポイントって呼ぶことにしましょう。

 

で、モヤモヤポイントを上手く使うと

相手の興味を引くことができるわけですが、

今回キングタム読んでそのテクニックが使われてたんですね。

 

2箇所あって、

ひとつが舜水樹についての情報で「北の遺児」と表現したところ。

もうひとつがリョウヨウの主力部隊を指して「リョウヨウ城に巣食う」

と表現したところです。

 

この2つってキングタムでは初めて出た情報だったわけですが、

それを聞いただけでは実態がつかめないんですよね。

つまりモヤモヤしてしまうんです。

 

そしてモヤモヤすると人間はその穴を埋めたくて

仕方なくなるんですが、要は

「続きが気になって早く読みたい!!」

って状態になってしまうわけです。

 

キングタム読んでいれば気づくと思いますが、

作中ではちょいちょいこのテクニックが使われています。

 

というか人気が出るようなマンガって、

そういう読者を引き付ける手法がうまいですよね。

 

ま、テクニックって言ってしまうとちょっとやらしいですが、

たぶん漫画家の人たちはテクニックとして使っているというより、

そうやってモヤモヤさせた方が、

作品が面白くなるし、読者も喜んでくれるだろうからってことで、

使ってるんだと思います。

 

あくまでそういうビジネス的なものの見方、

フィルターもあるよって話です。

 

でもそういう視点でマンガを読むと、

マンガから学べることが増えて、

さらに人生楽しくなるんじゃないかなぁと思います。

 

というわけで今日は以上です。

 

ありがとうございました!

 

素振りをすると人生が変わる

僕は中学生のころテニス部に入ってたんですね。

 

で、テニスに限った話じゃないですが、

いいボールを打とうと思ったら、

綺麗ないいフォームで打つ必要があるんですよ。

 

テニスが上手い人はみんなフォームが綺麗なんです。

 

でね、綺麗なフォームって

試合中には意識できないんですよね。

 

試合中は試合に集中するわけなんで、

いちいちフォームのことなんて考えて

ボールを打てないわけです。

 

じゃあどうすのかというと素振りをするんです。

 

テニスをやっていた当時、

僕はよくフォームが綺麗だと言われていたんですが、

実は毎晩のように自宅の前で素振りをしていたんですよね。

 

一晩で何百回ってラケットを振ってたんですが、

それを通して自分の体にベストなフォームを覚えさせてたんです。

 

すると試合のときなんかも、

いちいち考えなくても体が勝手に動いて、

綺麗ないいフォームでボールを打つことだできたんですね。

 

そしてこれってテニスだけじゃなくて、

ビジネス、もっと言えば人生そのものでも同じことだなと思うんです。

 

 

たとえばビジネスで結果を出したいってなると、

頭の使い方を変えていく必要があるんですよ。

 

会社で雇われて仕事しているときの意識や

考え方のままビジネスやってもたいてい上手くいきません。

 

ビジネスで結果出そうと思うなら、

日頃から物事の考え方を鍛えたり、

思考を柔軟にしたり、

マインドセットを実践したりということを

日頃からやっていく必要があるんですね。

 

つまりそれらは「習慣」です。

 

いい習慣は人生を変えると言いますが、

これはまったく真実で、

テニスでいいボールを打つのには

いいフォームが必要なように、

自分の人生の質を上げていくには

いい習慣が必要なんです。

 

ところが、多くの人は、

ビジネスをしている「その時だけ」

マインドセットを実践しようとしたり、

考え方を変えようとしたりするんですね。

 

でもテニスの試合中にあれこれフォームのことを

気にしていられないのと同じで、

ビジネス中だけ思考を変えようとしてもできないんですね。

 

もっと意識せずとも自然と発揮できる必要があります。

 

だから常日頃から実践して(素振りして)、

習慣にしておくことが大事なんです。

 

習慣にしてしまえば、

本人が意識せずとも勝手にできてしまいますからね。

 

 

質の高い人生がいい人生とすると、

いい人生というのは日々の習慣という積み重ねで作られるわけですね。

 

というわけで今日は以上です。

 

ありがとうございました!